バリアフリーで快適生活 | 介護システムを導入して得られるメリットを知る

介護システムを導入して得られるメリットを知る

バリアフリーで快適生活

介護システムも便利ですが、老人ホームなどでは高齢者が過ごしやすい空間にすることも重要となります。当人が要支援や要介護状態になった場合には自宅や老人ホームで生活するに当たって生活しやすいように改修工事を行うことが必要になる場合があります。 その場合には高齢者に合わせてどこをどうリフォームすればよいかをケアマネージャーに相談することが大切です。 色々と生活面でも費用がかかってくることも多いですから、後で追加工事もできますので必要最小限に留めておくことも必要です。そして適切な業者も紹介してもらえます。 階段に手摺がついているのは建築基準法で定まっています。その際には階段の踏み面には滑り止めを設置するようにしておくと滑ったりしないので安全です。廊下やトイレ、浴室も要所に手摺を取り付ける必要があります。 トイレなどはしゃがむところと通路、それに出入り口の3箇所必要な場合もあります。段差のあるところは斜路にすることも大切ですが勾配が急になる場合には他の方法を取ることも必要です。浴室内部でも浴槽への出入り箇所に取りつけが必要な場合があります。

2000年から始まった介護保険制度ですが、介護認定で要支援や要介護1から5までに認定された場合にはバリアフリーのリフォームを行う場合、生涯において20万円までの工事費の9割まで補助してくれる制度があります。 又、高齢者住宅改修費支援や助成制度もあり、これは自治体によってその内容に違いはありますので細かく知りたい場合には問い合わせる必要があります。 リフォームでの補助金は条件があってこれを満たす必要があります。手摺については玄関から内部の手摺はもちろんのこと、野外で入り口から道路に至る場合も適用があります。 床の段差に関しては敷居やレールの撤去、スロープに変更などの場合が含まれますし、床材を固い材料に変更する場合も含まれます。便器の高さの変更や和式便所を洋式にする場合も含まれます。リフォームでは条件を確認しておく必要があります。